「VALORANT」初心者必見!撃ち合いに負ける人の特徴5選

VALORANT

今回は撃ち合いに負けてしまう人の特徴5選を紹介していきます。

皆さんんはプロの試合や上手い人のプレイ動画で相手を簡単に倒していくのを見て、自分にもやれそうな気がするという気持ちになり実際にゲームをプレイすると全く撃ち合いに勝てない…。

こんな経験ありませんか?

なぜ撃ち合いに負けてしまうのか私の経験をもとに5つ書いていきます。

その前に私がどんなプレイヤーなのか簡単に紹介します

  • valorantとよく似たタクティカルシューティングゲームの「CSGO」ではソロで最高ランクのグローバルエリートに到達しています。

  • valorantではソロでイモータルまで到達しています。

1.しゃがみ撃ちをする癖がある人

まず一つ目が接敵したらとりあえずしゃがんで撃ち合う人です。

確かにvalorantはしゃがむことで弾の集団率が少し高くなります。

ですが、弾を外してしまった時のリスクが大きすぎます。しゃがんで撃ち合った時点でやるかやられるかの勝負になりやすく「一度引く」という回避行動が取りづらくなります。

さらに初弾を外してしまうと相手視点ただの止まっている的で、立ちながら横移動を入れてくる相手より圧倒的に弾を当てやすくなってしまいます。

しゃがみ撃ちの使い分け

接敵したらとりあえずしゃがむのは良くないと書きましたが、しゃがみを使うと強い場面やしゃがみを取り入れた回避テクニックが強い場面もあります。

ではどんな場面で使い分けるのか?

基本的にロングレンジといわれる相手との距離が離れている場所での撃ち合いではしゃがみは使わないようにしましょう。

上記で書いたようにしゃがみは外した時のリスクが非常に大きいです。

ロングレンジでは初弾から相手に弾を当てるのが難しいからです。

逆に狭い通路など相手を倒すかこちらがやられるかの引くことが出来ないそんな場面では、しゃがむことで自身のヘッドラインをずらし、相手の弾を避ける回避行動として強くなります。

しゃがみを取り入れた弾避けの回避行動として参考動画を貼っておくので是非見てみて下さい。

参考:zetadivision_Laz選手のコーチング動画

2.常にフルオートで撃ち合う人

これもかなり多くの人がやってしまっているミスの一つだと思います。

相手と接敵した瞬間

プレイヤー<br>
プレイヤー

ありったけの弾をぶち込んで早くコイツを倒さねば!!

一発くらいは頭にあたるだろ…

このように焦って数撃てば当たる理論に先走っていませんか?

相手と目があったら焦ってしまう気持ちも分かりますが、valorantというゲーム

数撃てば当たるというほど甘くありません。

リコイルという概念があり最初の数発は照準通りに弾が飛びますが徐々に弾の軌道が跳ね上がり照準とはあらぬ方向に弾が飛んでいきます。

これではリコイルコントロールがよっぽど上手い人でないかぎり運ゲーをしているのと変わりません。

相手との距離で撃ち方を変える

アサルトライフルのようなフルオート武器には大きく分けて3つの撃ち方があります。

これらを相手との距離によって使い分けることでより正確に素早く相手を倒すことができます。

ではどのように使い分けるのか?

フルオート・バースト撃ち・タップ撃ちの3つを解説していきます。

フルオート

相手との距離が10m以内(ショットガンで戦うような距離)であればフルオートで撃つのもアリです。

当たり前ですが相手が近ければ近いほど的が大きくなり、多少リコイルで弾が跳ね上がっても当てやすいからです。

バースト撃ち

多くのシチュエーションではこの撃ち方が最も効果的です。

極端に相手との距離が近いか、遠くなければ基本的にすべてバースト撃ちをしましょう。

バースト撃ちは回避行動を入れつつ撃ちあうことで更にパワーを発揮します。

これはフルオート撃ちでは出来な大きな利点です。

数発撃つ→横移動→数発撃つ

これを繰り返すと相手視点では弾をとっても当てづらくなります。

的の位置が動いてしまうわけですからね。

タップ撃ち

相手との距離がほんとーーーに遠いときはタップ撃ちを使いましょう。

valorantにはリコイルという概念があり最初の数発以降からは弾道が跳ね上がってしまうと書きましたが、1発づつ撃つタップ撃ちは常に正確な精度を保ったまま相手に撃ち込むことが出来ます。

タップ撃ちをする際も撃ったら横移動の回避行動を入れるようにすると更に強いです。

上記3つの撃ち方にはリコイルコントロールや数発撃ってから次の数発を撃つまで間など、 感覚的に覚えて欲しい要素もあるので射撃訓練場やデスマッチで撃ち方の練習をしてください。

3.スキルを活かしきれていない人

valorantには様々なスキルがあり、今までのタクティカルシューティングには無い新しい要素です。

フラッシュ・モロトフ系といった大定番のスキルや、索敵スキルなど本当に様々ありますが、

どれも撃ち合いを有利にするための補助として優秀なスキルばかりです。

ですがこのスキルを使わずに倒されてしまう方を多く見かけます。

私もvalorantやAPEXなど、はじめたばかりの頃は相手と撃ち合うだけで精一杯になってしまい

倒されてから「うわ、スキルほとんど残してるじゃん…もったいねー」と考えることが多かったです。

ですがゲームにも慣れてきてスキルを使えるようになっただけで、かなり撃ち合いの勝率が上がるようになりました。

スキルをどのように活用していけばいいのか分からないという人は、暇な時間に上手い人のプレイを見て下さい!

自分であれこれ考えるより、上手い人のプレイを見て真似をする方が上達効率が高いです。

私のおすすめとしてはYoutubeなどの解説動画を見るよりリアルタイムで放送しているプロの配信を見ることです。

理由としてはYoutubeのカット編集されたものでは無く、

最初から最後まで一連の流れを見れるのでどのようにスキルを活用しているのかが分かりやすく実践付きだからです。

おすすめの配信サイト↓

Twitch
Twitchはゲーマーと趣味のための世界トップレベルの配信プラットフォームです。今すぐ視聴して、数百万人の世界中のファンたちと一緒にチャットしましょう

TwitchではZETA DIVISIONのLaz選手をはじめとする多くのプロがほぼ毎日配信しています。

Amazonプライム会員の方はツイッチアカウントと連携することで自分の好きな配信者を一人無料で支援したり、特別なアイテムを入手出来たりと様々なメリットがあるので是非アカウント連携をしてみて下さい。

Amazonプライム会員でない方は30日間の無料期間お試し登録ができるので下記のリンクからチェックしてみて下さい。

4.ストッピングができるようで、できていない人

射撃訓練場やデスマッチでは弾を当てられるのにランクマッチの実践になると何故か弾が当てられない時ってありませんか?

そんな方は落ち着いている時にはストッピングがしっかりできているのに、ランクマッチになると緊張と焦りでストッピングが上手く出来ていない事が多いいかと思います。

これは撃つタイミングが一瞬止まるよりも早いか、

撃っている最中に弾を当てられるのが怖くて移動キーを入力してしまっているからです。

一度自分のプレイ動画を録画して後で見返してみるとクロスヘアがあっているのに弾道が斜め方向に曲がってしまっているのがわかるかと思います。

プレイ中だとこのミスに気づきにくいです。

ストッピングミスで初弾を外してしまうのは撃ち合いに負けてしまう大きな要因の1つになります。

落ち着いてプレイをし、ストッピングをしっかり意識してみて下さい。

5.AIMの位置と視点移動が下手な人

撃ち合いに負ける人あるあるのミスでAIMの位置が地面だったり壁に向いていることが多いいですが、

地面や壁から敵が通り抜けて出てくることは絶対にないので辞めましょう!!

あとAIMの動きがすごーくゆっくりな方は、もっとてきぱき動かして下さい。

相手に弾を撃ち始めるまでのタイムロスがそのまま撃ち合いの敗北に直結します。

ヘッドライン

また、AIMの位置が低い人も注意してください。

valorantというゲームはヘッドショットをすればたった一発の弾でも相手を倒すことが出来ます。

もし相手の胴に3発の弾を先に当てられても、一発こちらの頭に当てられてしまえば負けてしまうのです。

それほどヘッドショットを狙うということは撃ち合いにおいて重要です。

このヘッドショットを狙うためにヘッドラインというものを意識してください。

ヘッドラインとは相手の頭の位置に合わせた高さのラインを言います。

プリエイム

壁から飛び出してきた相手に目があった瞬間倒されて

「っは!?つよ!!」

となった経験ないですか?

これはプリエイムをされて倒されているのです。

プリエイムが完璧に出来るようになると相手に撃ち返す暇さえ与えずに倒すことが出来ます。

プリエイムとは相手がいそうな位置に対して壁越しでAIMを合わせ、壁から体を出し撃ち合う瞬間にはすでにAIMがあっている状態のことを言います。

これにヘッドラインの意識を組み合わせ撃ち合う瞬間には相手の頭にAIMがあっている、

これが出来ればほとんどの撃ち合いで間違いなく勝てるようになります。

まとめ

ほとんどのvalorantプレイヤーが上記の事を常に意識し、実践で活用できるように練習と努力をしています。

上記のどれか一つが出来ていないだけであなたは不利な撃ち合いをしているのかもしれません。

暇な時間に上手い人のプレイ動画を見たり、数分でいいでAIM練習をするようにしてみてください。

それから、これは勝手な持論なので大きくは取り上げませんでしたが自信をもってプレイすることもかなり重要だと思ってます!

たぶん!!

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード 有線 G213r
Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード 有線 G213r パームレスト 日本語配列 独自のMech-domeスイッチ キーボード 静音 LIGHTSYNC RGB 国内正規品

コメント

タイトルとURLをコピーしました